【2020年版】フリーランスや個人事業主の賃貸契約について

フリーランスや個人事業主は自由な働き方や、比較的高単価な仕事を受注する可能性を秘めています。
また、政府も大企業の終身雇用制度が壊れつつある中で、多様な働き方を推奨しています。

ただ、その一方でデメリットもあり、その一つが、こうした新しい働き方に社会インフラや制度が追い付いていない点です。

そうしたデメリットをダイレクトに感じるのが賃貸契約かもしれません。
今回はフリーランスや個人事業主の方の賃貸契約の注意点やポイントなどを紹介します。

フリーランスや個人事業主の賃貸契約

フリーランスや個人事業主は、同世代に比べ所得水準が高いという統計があります。
その一方で、フリーランスの方は賃貸契約が難しいという話も聞きます実際はどうなのでしょうか?

フリーランスや個人事業主は賃貸契約は難しいと聞きましたが実際どうなのでしょうか?
結論から言ってしまえば、フリーランスの賃貸契約はサラリーマンよりハードルが高いです。
フリーランス暦が長く、サラリーマン時代よりも所得が高くなっているのですが、それでも厳しいでしょうか?
もちろんハードルがありますが、注意点をしっかり押さえれば、フリーランスでも新しい賃貸契約を結ぶことが可能です。

なぜ、フリーランスの賃貸契約は断られやすいのか?

フリーランスが賃貸契約を結ぶためのポイントは後程紹介します。
その前にそもそもなぜ、契約が難しいのでしょうか?
収入もある程度あり、大企業でも解雇などがある時代にも関わらず、そうした疑問を抱くフリーランスの人も多いかもしれません。

ただ、貸し出す側としては、下記のようなイメージを持っていることがあることも、しっかり認識すべきでしょう。

  • 収入がサラリーマンに比べ安定していない(とみなされる)
  • 結果、フリーランスに対する信用がない(正規雇用とそれ以外という価値基準)
  • 仲介会社は契約を決めたいが、大家さんや管理会社側の意向として断れることも

ではフリーランスが賃貸契約を結ぶためにはどうしたらいいか?

まず、先方の懸念を払しょくしましょう。
収入が安定していない、もしくは不安定という懸念に対しては下記を準備してあげましょう。

・住民税の課税証明書
・所得税の納税証明書


一般的な審査基準としては、1年分の賃料を年収の30%以内で支払えるかどうかが一つの基準になります。もしもこちらを多く超えた家に住もうとしているならば、まず、住む家から検討ししてみましょう。

また、もしもこれでは厳しい場合や、フリーランス一年目などで実際所得が安定していない人は下記の対策も合わせて検討しましょう。

・保証人や保証会社を立てる

そして、もしも結婚していて共働きなどの人や同棲している人がいる場合は、そちらの人に契約してもらうというのも一案です。

まずは仲介会社に相談してみましょう

そして、そもそもどのような不動産会社に相談するかも重要となります。
取扱いの物件数や、審査をいかにとうしてくれるかなどは専門性を有する領域でもあります。

今回は、フリーランスや個人事業主にもおすすめの会社を紹介します。
親身になって相談にのってくれるでしょう。関心をお持ちの方はまずは、問合せてみましょう。

東京、家賃3万円からの【シェアドアパートメント】

ポイント
【初期費用が安い】 敷金0円、礼金0円、仲介手数料0円!初期費用3万円のみ。
【家賃が安い】 東京なのに、家賃が3万円~ ※別途共益費1万円(水光熱費込)
【物件数が多い】 家具家電付きシェアハウス300物件、3,500室以上!日本最大級!

関西圏で最安の部屋探しなら中央エステート

ポイント
【仲介手数料無料】 他社であれば通常家賃の半額から1ヵ月分ほどかかる手数料を全物件無料で契約可能
【審査エキスパート在籍】 賃貸審査のエキスパートがいるので審査に定評

根本的には所得アップが王道

ただ、信頼向上にむけた根本的な対策は、継続的な所得アップが基本となります。
下記の記事なども参考にしてみてください。幸せな賃貸生活を応援しています。

・【2019年版】フリーコンサルタントの種類と優良案件の取得方法
・【2019年版】フリーランスが独立して年収一千万円の壁を越える方法
・【2019年版】フリーエンジニアが安定的に案件を獲得する五つの方法

今回は、フリーランスや個人事業主の人向けの賃貸契約のポイントを紹介しました。
デジタル・エレクトロニカでは引き続き、フリーエンジニアやコンサルタントに役に立つ情報を定期的に配信していきます!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事