デジタル 経営

デジタル化というパワーワード

業務効率化、生産性向上、働き方改革、デジタルテクノロジーの活用・・・こうしたキーワードを、メディアで目にしない日はありません。

確かに、AIやIoT、RPAやOCRの適切な活用は企業の課題解決の処方箋となり得ます。

特に超少子高齢化という日本特有の課題も、こうしたテクノロジーの活用を後押しする力となっています。

企業のデジタル化は選択肢ではなく、必須の要素と認識されつつあるのです。

デジタルトランスフォーメーションは経営戦略

よく、デジタルトランスフォーメーションは、経営課題だといわれます。

それは、業務効率化だけでなく、ビジネスモデルそのものをデジタルテクノロジーで変革するからだという文脈で語られることが多いわけです。

もちろんそうした側面もありますが、例えば、企業経営において、デジタル化が不可分になればなるほど、そこでの差別化や競争優位性の確保が難しくなるという意味もあります。

つまり、RPAやAIの活用により、生産性が向上し、それによって他の分野への有効的な資源配分が可能になり、競争優位性が確保される時代から、デジタル化の活用はむしろ必須な時代においては、それだけで企業の差別化はかなわないのです。

デジタル化を突き詰めると経営戦略やパーパスにいくつく

将来において、業務の大部分が自動化・機械化されるとしたら、各企業はどのような価値を提供していくべきなのでしょうか?

それが企業毎の存在意義(パーパス)になります。

どういう価値を提供する企業になるのか?どういう社会を目指すのか?これはまさに経営哲学であり、経営戦略の中核をなす部分です。

デジタル化が企業経営に不可分になれば、それが競争優位にはつながらないという話を紹介しました。ただ、だからと言って企業のデジタル化が不要かというと、そういうことではなく、むしろ全く逆で、企業のデジタル化は前提となるのです。

既存のビジネスをデジタルで変革すると同時に、企業がどのような価値を提供し続けるのか?企業のパーパスの明確化やアップデートの機会としてもデジタルトランスフォーメーション(DX)は捉えられているのです。

そういう意味でも、DXを単に業務効率化という範疇ではなく、企業経営の中核として認識する必要があるでしょう。

フリーコンサルタントとしてDXを支援

フリーランスや個人事業主として活動していて、コンサルタントとしてDXやシステムコンサルティングを提供したいと考えているのであれば、まずは、そうした案件を多く保持するエージェントへの登録をおすすめします。

また、昨今では、新卒ではなく、中途で戦略コンサルティングファームへの転職が増えてきています。
その陰には、そうした戦略コンサルへの転職に特化した転職支援機関も登場してきています。DXの支援もフリーコンサルとして支援する方法もありますが、戦略コンサルの従業員となるというのも一案です。

関心をお持ちの方は是非登録して、話を聞いてみてください。
新しい働き方やキャリアへの足掛かりになるかもしれませんよ。

企業のデジタルトランスフォーメーションを支援したいなら

10年に渡り独自の販路を積極的に開拓し、フリーランスコンサルタントが満足する案件開拓を続けてきています。 「難易度が高くても、より報酬の良い案件が良い」「スピードを重視して、面談からすぐに参画できる案件を紹介してほしい」「デジタルトランスフォーメーションを支援したい」など、コンサルの要望も聞いてくれることが特徴です。

デジタルトランスフォーメーションの案件を模索しているなら、登録してみましょう

戦略コンサルへの転職を考えているなら

戦略コンサルタントへの転職をフルサポート。
コンテンツと合格率に自信があるからこそ、「成果報酬型」に拘った料金設定。
戦略コンサルへの転職を検討しているならば、話を聞いてみましょう。

デジタル・エレクトロニカでは、企業のデジタル化を推進や、フリーランスや個人事業主のための情報を引き続き発信していきます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事