フリーエンジニアがフロントエンドの技術を磨き案件を獲得するには?

今回の記事は、フリーエンジニアで、「フロントエンドのスキルを磨きたい人」や「バックエンドエンジニアのため、フロントエンドも学びフルスタックエンジニアを目指したい」もしくは「将来的に自身のサービスを作っていきたい!」などの思いを持つ人に参考にしてもらえればと思います。

なぜフロントエンドエンジニアが求められているのか?

フロントエンドエンジニアが求められている理由は主に三つです。

  • どんなサービスを企画するにも、また既存サービスを改善するにもフロントエンドエンジニアが必須
  • ノーコードなど特にβ版のサービスを作成するだけなら、フロントエンドだけでも仮説検証できるようになってきた
  • 数多あるサービスが生まれている現代では、単に機能やロジックだけでなく、デザインやユーザー体験もサービス成長には必須の要素に

今では多くのサービスがWEBやアプリケーションにより、提供されています。

そしてそのWEBやアプリケーションとして、ユーザーと直接接触が発生する部分を、設計し構築するのがフロントエンドエンジニアです。

裏側のロジックなどを担うバックエンドエンジニアと共に、新しいサービスを企画するにも、既存のシステムを改善するためにも、フロントエンドエンジニアは必ず必要となります。

また、昨今ではノーコードでアプリケーションやWEBサービスを作成できるツールが増えてきています。
例えば、【Glide】などはその代表例です。

こうしたツールは特にバックエンドの知識などがなくても、最低限のサービスであれば、作成できてしまったりします。ノーコードサービスはGlide以外にもたくさんありますので、興味がある人は検索してみましょう。

そして、フロントエンドエンジニアが求められる理由のもう一つが、単に機能やロジックだけでは、サービスの差別化が難しくなってきていると言えます。

アプリケーションが流行りだした最初のころなどは、物珍しさから、新しいものがどんどん試されて時期もありました。

ただ、現在ではアプリケーションもコモディティー化して、ユーザーに対して、新しいユーザー体験や最低限のUI・UXは必須となってきました。そうした設計を担うのもフロントエンドに求められる業務の一つです。

フロントエンドの技術を獲得するには?

フロントエンドエンジニアが求められているのは分かった、ではどうスキルアップすればいいのでしょうか?

講習などセミナー形式のものを、デジタル・エレクトロニカではおすすめしていました。
それは、対面で教えてもらった方が、スピーディーですし、分からないことがあったらすぐに質問したりすることも可能です。

ただし、昨今はコロナウイルスの影響などもあり、自身で学んでいくことも求められています。

王道ではありますが、Udemyなどには、多くのフロントエンド技術を学べる良質なコンテンツが数多く整備されています。タイミングによっては、多くの割引サービスなども展開していますので、仕事の合間や時間がある時に覗いてみることをおすすめします。

全ての講義がそうなっている訳ではないですが、大抵は、講義を受講した人に対しては、質問などにも答えてくれるはずです。気になるポイントなどあれば、どんどん質問していきましょう。

仕事や案件としてフロントエンドを経験するのが一番

Udemyなどの座学などを紹介しましたが、一番いいのは、仕事として取り組んでしまうのが早いということは間違いないでしょう。

フリーランスで既に他の企業に参画しているのであれば、フロントエンドの仕事ないか聞いてみるのもいいかもしれませんし、まだ正社員として働いているのであれば、部署異動などを願いでるのも一案です。

もしも、フロントエンドの案件を探しているのであれば、資金調達したベンチャーなどに、募集していないか聞いてみるのも手です。ただ、あまり実績や経験がないのであれば、案件をいくつかこなしてから、転職というのも手です。

ではどのように、フロントエンドの案件を獲得するかですが、最も手っ取り早いのは、フロントエンドの案件が集まっているエージェントに登録してしまうことです。

エージェントに登録すると、案件参画時にマージンを取られてしまいますが、自身で営業するコストと天秤にかけて、そちらが安いのであれば、参画するのが合理的です。

また、エージェントから紹介を受けたからといって、案件を必ず、受けなくてはいけないなどの縛りもありません。

いくつかおすすめのエージェントを紹介します。

フロントエンド系ならまずここか レバテックフリーランス

フリーランスのフロント系などWEB系を得意としています!

WEB系のキャリアや、案件をお探しの場合は、まずはこちらに登録してみることをおススメします!

カウンセラー
フロントエンジニア、デザイナーのWeb系案件を得意としています!
多くの案件を保有していてまずはここを登録してみてください

マージンも明確! 創業30周年の老舗 Pe-BANK

フリーランスエンジニア向けサービスの中でも歴史が長い老舗の安心感があります。
また、 一人ひとりにあった案件を提案するサービスでが特徴的です。

また、エージェントによっては、マージン等を非公開にしている企業も多いですが、Pe-Bankでは公開しており、そちらも評価向上につながっています!

カウンセラー
明確なマージンや、業務案件多数!
クライアントは業界による限定はなく、幅広く案件を網羅しています。
また、サポート品質も高くのが特徴です。

低マージン、案件数に強みを持つ! techcareer freelance

フリーランスがエージェントを通して案件を取得するデメリットの一つは、紹介マージンでしょう。
一般的には、25%と言われるマージンですが。techcareer freelanceでは、10%しかとりません。

マージンが少ないということは、クライアントへの提案の幅が広がり、結果、多くの案件を保持することが可能となります。

ITエンジニアやクリエイターの方は登録してみてもいいでしょう。

カウンセラー
マージンは業界の中でも最適水準だと思います!
実際に支援に入った際も、最終クライアントがいくら支払っているかどうかを把握できることは、その後の支援中においても、認識齟齬が生まれにくいなどのメリットもありますよね!

はじめてのフリーランスにもおすすめ! ポテパン

フリーランスやIT技術にも詳しいコンサルタントがサポートしているため、初めてのフリーランスの方でも安心して案件獲得が可能です !

まずは、無料カウンセリングをおすすめしています。

カウンセラー
フリーランスやIT技術にも詳しいコンサルタントがサポート!
初めてのフリ ーランスにもおすすめ
プログラミングスクール「ポテパンキャンプ」なども開催

今回は、フロントエンジニアになりたい、もしくは挑戦したい人向けの情報ですが、デジタル・エレクトロニカでは、フリーエンジニア向けの情報を引き続き、発信していきますので、関心をお持ちの方は是非、定期的にチェックしにきてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事