【保存版】JAVAフリーエンジニアが高単価SE案件を受注する方法

エンジニアとして活動していく際に、どのプログラミング言語を選択するかは、一つの分岐点となり得ます。

もちろん一つの言語を学習することで、他の言語などへの乗り換えや、習熟のスピードは速くなりますが、言語によって「年収」や「案件の種類」なども変わってくることがあります。

今回は、プログラミング言語のJAVAにフォーカスし、フリーエンジニアが案件を取得する際の注意点やポイントなどを紹介していきます。

結論:JAVAエンジニアの案件は獲得が比較的容易

まず先に結論を並べてみました。

・JAVAは日本で最も求人数が多いプログラミング言語

・ 「業務システム」「WEBアプリケーション」「WEBサービス」「PCアプリケーション」「Androidアプリ開発」など、様々な用途で活用されている

・また、 スマートフォン決済や、ブロックチェーン、IoTなどの最新テクノロジーの実装においてもJAVAが活用されており、一定程度将来性もある

・実際に現場での経験を積みたいと考えているのであれば、案件の集まるエージェントに登録し案件を紹介してもらうのも最初のステップとしてはおすすめ

JAVAとは?特徴と活用事例

JAVAは数あるプログラミング言語の一つです。

・汎用的でOSに依存しない
Java仮想マシン上で動作するため、Mac、Windowsや家電製品、自動車でも問題なく稼働する汎用性があります。

・オブジェクト指向のため、大規模開発にも向いている
オブジェクト指向により、 プログラムを細かな機能で分解できるため、役割分担や機能分担がしやすく、多くの大規模プロジェクトにおいて採用されいてます。
※オブジェクト指向は新規学習者にとっては一定のハードルがあるとも言われていて、既に身に着けている人であれば、参入障壁にもなります。

・Android開発もJAVA
iPhoneと双璧をなす、Androidのスマートフォンアプリ開発においても、JAVAを活用する企業も多いことで有名です。

・処理速度が比較的早い
JAVAは、起動にコンパイルを必要とするコンパイラ言語であるためRubyやPythonといった言語よりも処理速度が速いという特徴を持ちます。

そうした特徴から、「業務システム」「WEBアプリケーション」「WEBサービス」「PCアプリケーション」「Androidアプリ開発」など、様々な用途で活用されています。例えば、 世界的に多くのユーザーを抱える「Minecraft」もJavaによって作成されていることで有名です。

フリーランスのJAVAエンジニア向け案件は多い

様々な案件でJAVAが活用されているため、実際に【レバテックキャリアは、2018年度に新規で発生した正社員向け求人データをもとに、プログラミング言語別のランキング調査を実施しています。

その結果によると、全体の求人の3割近くをJAVA(PHP:15%、Ruby:8%、C#:6% と続きく)が占めるという状況になっています。

もっとも求人が多いJAVA案件ですが、ハイパフォーマーにおける言語別平均年収ランキングによると、給与水準でみると中の上程度が目安になります。※あくまでも目安です。
1位:C#/C#.NET(960万円)
2位:Python(915万円)
3位:Ruby(893万円)
4位:Perl(870万円)
5位:Java(868万円)
6位:JavaScript(866万円)
7位:Unity(852万円)
8位:Objective-C/Swift(750万円)
8位:Android(750万円)
10位:VB.NET(735万円)

もしも、フリーランスとしての活躍はもちろんですが、JAVAエンジニアへの転職を検討してる際は、下記の記事なども参考にしてみてください。

個人差や、経済状況などにも左右されますが、JAVAエンジニアの需要は高く、割とすぐに就職先が決まる状況といえます。

フリーランスエンジニアから正社員に転職再就職やキャリアチェンジする方法

フリーランスのJAVAエンジニアの案件取得方法

JAVAは他の言語に比べても優位性もあり、実際に、求人数も最も多い言語の一つです。
フリーエンジニアとして活躍していくためにも、現場での実践を積んでいきたいと考えるフリーランスやエンジニアの人も多いのではないでしょうか?

まず、フリーエンジニアとして案件取得方法には「自分で獲得する方法」や「紹介を得る方法」などがありますが、前提知識として、下記の記事なども参考にしてみてください。

・【2020年版】フリーエンジニアが安定的に案件を獲得する五つの方法
・【保存版】未経験エンジニアがフリーランスとして活躍する方法

その上で、まず手始めにJavaの案件を効率的に収集したいのであれば、JAVA案件を多く保持するエージェントなどに登録し、案件を紹介してもらうことをおススメします。
もちろんエージェントに登録したからといって、案件を必ず受けなくてはいけないというものではありません。

フリーランスがまず登録しておくべき、エージェントの一覧は下記で一覧化していますので、興味を持ったサービスに登録してみることをおすすめします。
※Java案件は特殊な案件ではないので、エージェントに希望を伝えれば案件を紹介してくれるはずです。

【保存版】フリーコンサルやエンジニアが登録しておきたいエージェント13選!

実際、昨今案件数が増加している、スマートフォン決済や、ブロックチェーン、IoTなどにおいてもJavaを活用する企業が多いのが多く、今後に繋がる経験が得られるかもしれません。

例えば、直案件を希望なら…おすすめ企業はこちら

『全て』直案件のみの200件以上取り扱っており、高単価案件や非公開案件が紹介可能。
JASDAQ上場のUTグループの子会社が運営しているtech tree。
JAVA案件も多く紹介してくれます。

【登録はこちらから↓】

そうしたエージェント経由の案件などをこなしながら、さらなる収入まどを目指したいのであれば、下記などの情報も参考にしてみてください。

【2020年版】フリーランスが独立して年収一千万円の壁を越える方法

今回は、JAVAエンジニアを目指すフリーランス向けにJAVAプロジェクトの特徴や案件の取得方法などを紹介しました。デジタルエレクトロニカでは引き続き、関連動向を発信していきますので、関心をお持ちの方はチェックしてみてください。

番外編:JAVAは今後も稼げるか?

AVAは、スマートフォン決済や、ブロックチェーン、IoTなどの最新テクノロジーの実装においても活用されています。

ただやはり、メインは、SIer企業や比較的古い技術に活用されていることが多いです。
そして、実際の案件ベースでみれば、最新テクノロジーを活用する案件よりも、既存システムの案件の方が多いことは間違いありませんから、JAVAはやはりフリーエンジニアにとって魅力的な言語です。

ただ、新しいプロジェクトにおけるJAVAの採択率は落ちてきています。
JAVAが全く使われないことは珍しいかもしれませんが、主力はPythonや他の言語などが活用されることも増えてきているのです。

そういう意味では、今すぐにということではありませんが、JAVAをマスターしているのであれば、同時に他の言語の案件も積極的に挑戦するようにしましょう。

そうすることで、案件の幅や、他のJAVA案件でもその経験がいきてくることになります。
そして、もしもJAVA案件が減ってきても、安定的にフリーエンジニアとして稼いでいくことが可能になります。是非トライしてみましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事