【2020年版】フリーランスや個人事業主が結婚するためにやるべき事

今回はフリーランスや個人事業主の結婚事情について紹介します。

まとめ

・未婚率が高まってきている
・あなた自身が結婚したいかが一番重要
・フリーランスの結婚はメリットとデメリットがある
・もしも、結婚したいなら、専門サービスに登録するのが一番確実

高まる未婚率

昨今、晩婚化や少子高齢化が叫ばれています。
また、若い人の未婚率は年々高まってきています。

国勢調査によれば、2015年では、
・30~34歳では、男性はおよそ2人に1人(47.1%)、女性はおよそ3人に1人(34.6%)が未婚であり
・35~39歳では、男性はおよそ3人に1人(35.0%)、女性はおよそ4人に1人(23.9%)が未婚となっています。

そもそも結婚したいか?

もちろん、未婚率の推移からも、一昔前のように必ず結婚しなくてはいけない。というような風潮は無くなってきているように思います。

また、若い人であれば、周りを見回しても結婚していない人も多いと。
ただ、これは価値観の問題で、もしも「どうせだったら二人でご飯をたべたい」「旅行も二人の方が楽しい」「老後が心配」・・・
などなど、結婚したいなら、早めに行動して悪いことは全くありません。

また、逆に恋愛は面倒臭いから早く結婚したいという人もいるかもしれません。

フリーランスや個人事業主の結婚とは?

よく結婚相手に求める、職業ランキングに公務員が上がります。
安定した収入とカレンダー通りに休んでくれる点からも特に女性からの支持が高いようです。

そうした観点から言うと、フリーランスと個人事業主はだいぶ不利になります。
ただ、昨今の晩婚化の中でも、結婚したい女性(男性)も多様化しているのは事実です。

最も重要なのは、あなた自身がそもそも結婚したいと考えているかどうかです。

もしも結婚したいと考えているのなら

もしも結婚したいのであれば、結婚を専門にする人に協力をお願いすることが最もその近道になります。

結婚相談所やお見合いはハードルが高い・・・
そう感じる人も多いかもしれません。

ただ、もしも本気で結婚を考えているのであれば、まず話だけでも聞きにいくことをおすすめします。
もしも違うなと思ったら、他を当たってみればいいのです。

実は結婚相談所などは、星の数ほどあります。
その中から、フリーランスや個人事業主の方にもおすすめなものを抜粋して紹介します。

きっかけ以外は自由恋愛と変わらないスタイルなら: Bridalチューリップ

結婚相談所Bridalチューリップ
おすすめポイント
・ 仕事の関係で、新たな方との出会いの機会が少ない(あるいは今後も見込めない)
・ カウンセラー1名当たりの対応顧客数が比較的少ない

お見合いからの恋愛もありだという方は:結婚相談所ルック フォーパートナー

結婚相談所ルック フォーパートナー
おすすめポイント
・お見合い・交際・プロポーズ・結婚式場探しまで、トータルでサポート

Web完結型・ご来店不要・コストを抑えて: スマリッジ

スマリッジ
おすすめポイント
・ 登録料6,000円(税抜)と、毎月の月会費9,000円(税抜)のみ
・ 紹介可能会員数は45,000名
・ お見合い料や成婚料等、追加で必要な費用は一切なし!
・ 3ヶ月間お見合い不成立で全額返金!(条件あり)

今回は、フリーランスや個人事業主の方向けの結婚についてのトピックを紹介しました。
デジタルエレクトロニカでは引き続き、フリーランス・エンジニアや個人事業向けに関連動向を発信していきますので、関心をお持ちの方はチェックしてみてください。

番外編:結婚相手視点でのフリーランスとの結婚

フリーランスの方との結婚を検討されてるなら、下記はしっかりチェックしましょう。

フリーランス暦は何年か?今後も続けていく予定か?

今、フリーランスの彼(彼女)がいたとして、フリーランス暦が何年か聞いてみるといいでしょう。
もしも、3年以上続いているのなら、少し安心してください。
3年以上続けているということは、ある程度、この働き方で、お金を稼ぐ術を身に着けていると判断できるからです。

逆に注意したいのは、初めて半年や、今後フリーランスになるという場合です。
というのも、フリーランスへのあこがれを持つことと、そうした働き方でしっかり稼げるかは全く別の話だからです。

いきなり、年収を聞いたりするのは、はばかれるでしょうから、間接的にフリーランス暦を聞いてみることをおすすめします。
また、何年と言われても否定などせずに、今後も続けていく予定かは聞いてみてもいいかもしれません。

というのも、フリーランスにもとももなりたくてなった人と、例えば、親の看病や、プライベートの理由などから、フリーランスになる人もいます。そうした場合は、一時的にフリーランスで働いているだけで、サラリーマンに戻ることも多いからです

ちなみに、保険やローンは?どれくらい稼いでいるの?

まず結論から言えば、社会的信用は低いです。
どんなに高い収入を得ていても、保険やローン、また、新しい賃貸物件も、フリーランス名義を忌避することも多いのが実態です。

あたな自身がある程度安定した職業についていれば別ですが、そうでないなら、ここの部分はある程度、目をつむる必要があると言えるでしょう。

また、「2016年版 小規模企業白書」によると、一般的なフリーランスの年収は以下の通りだそうです。
若干、2016年よりも、フリーランスの働き方も認知されていますので、これよりは高いかもしれませんが、参考までに

100万円未満 23.1%

100万円~300万円未満 36.8%

300万円~500万円未満 22.7%

500万円~800万円未満 12.3%

800万円~1000万円未満 2.4%

1000万円以上 2.7%

フリーランス結婚にも、もちろんメリットも

また、収入が安定しないや、社会的な信用が低いなどのデメリットがありますが、フリーランスのメリットもあります。
もしも、あなたが将来結婚して子どもが欲しいのであれば、相手がしっかり家事や育児を手伝ってくれるかが心配かと思います。

そうした時に、忙しいサラリーマンですと、なかなか育休を取ることも、平日も帰りが遅いことも多いでしょう。ただ、フリーランスであれば、働き方を選ぶことが出来るので、育児中はリモート案件を増やしたり、休みを増やすことだって可能です。

なにを重視するかは千差万別でしょう。
一般論的には、相手の職業や年収だけでなく、結婚相手を選ぶべきだとは思いますが、それは、各々の価値基準かと思いますので、参考にしてもらえれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事