【2020年版】フリーランスが独立して年収一千万円の壁を越える方法

フリーランスとして独立する理由は、自由な働き方ということもありますが、それと同時に所得の向上を図るという目標を持っている人も多いのではないでしょうか?

デジタルエレクトロニカでは、フリーエンジニアやコンサルタントに向けた情報も発信していますが、今回は、所得向上に向けた具体的なステップを紹介していきます。

ステップ1:提供サービス・ありたい姿の明確化

まず、フリーランスで活躍していく為に、なんのサービスを提供していくかは重要な観点です。

例えば、フロントサイドエンジニアであったり、バックエンド、セキュリティー、データサイエンティスト、コンサルタントなどなど。どういった領域で活躍したいかによって、取るべき案件や狙うべき企業も変わってきます。またどういう働き方を望むかなども自身の中で明確にすることは、逆にそうしたニーズとマッチする発注先企業からも案件が振りやすいという側面もあります。
もしもそうした点が明確になる前に案件の発掘をしているのであれば、他者のニーズだけでなく、自身の希望などを考える時間を持ってもいいかもしれません。

また、現状はフロントサイドの案件をこなせるが、将来的にはフルスタックエンジニアを目指したいなどの希望があれば、それにあった案件(バックエンドなど)をあえて開拓していくということも可能です。

提供サービスの明確化」「ありたい姿の明確化」は、サラリーマンに比べ安定性が乏しいとされる、フリーランスの道しるべになります!

ステップ2:初期案件開拓

活動する領域や自身の希望が明確になってきたら、案件取得のフェーズに取り掛かります。

【参考】
・【2019年版】フリーエンジニアが安定的に案件を獲得する五つの方法

特に若手や前職のつてにあまり頼れない方におススメなのは、エージェントを活用するという方法です。

餅は餅屋と言われますが、営業や案件開拓が慣れるまでは、それを専門にした人と協業するということは重要ことです。

いくつかおすすめのエージェントをピックアップしておきます。登録されていない方は、エントリーを検討してみてください。

創業30周年のフリーエンジニア案件紹介の老舗 Pe-BANK

登録はこちら【Pe-BANK】

カウンセラー
明確なマージンや、首都圏だけでなく、地方案件も多いのが特徴!
クライアントは業務による限定はなく、幅広く案件を網羅しています。

報酬の上流案件も豊富なエージェント INTLOOP

登録はこちら【INTLOOP】

カウンセラー
12年以上の信頼と実績を持つINTLOOP
報酬額が高い上流案件が豊富という特徴があります !
エンジニアだけでなくITコンサルタントにもおすすめ

はじめてのフリーランスにもおすすめ! ポテパン

登録はこちら【ポテパン】

カウンセラー
フリーランスやIT技術にも詳しいコンサルタントがサポート!
初めてのフリ ーランスにもおすすめ
プログラミングスクール「ポテパンキャンプ」なども開催

ステップ3:スキルアップ・クライアント拡大

エージェントや知り合いから紹介を受けた案件をこなしながら、スキルアップを積んでいきます。エンジニアにしろ、コンサルタントにしても、現状のままではなく、新しい知見や技術を常にアップデートしてくことが求められます。

そうしていくうちに、他の案件を頼まれたり、単価の向上などを交渉していきます。

ここのフェーズが定着すれば、年収1000万円に到達することはまったく夢物語ではありません。

ステップ4:フリーランス2.0~他者に仕事を振る~

クライアント先で案件をこなし、信頼や実績を積んできたら、新しい案件の芽であったり、他の案件を紹介されやすくなってきます。

このフェーズとなると、フリーランス一人でこなせる案件の上限を超えてくることになります。
そうなってきたら、他のエージェントがやっているように、自身でも案件を知り合いの中で優秀な人材などに仕事を振っていくことでさらに上を目指すことが可能です。

例えば、紹介は本業ではないはずなので、マージンを数~10%とってたしても、案件を探している人からは喜ばれると思います。

ステップ5:フリーランス3.0~コミュニティー化~

紹介される案件数が増え、そうした案件を自身だけでなく他者にも振ることが定着してきたら、そうしたフリーランスや業務委託、副業人材のコミュニティー化をおススメします!

あそこのコミュニティーには優秀な人材が沢山いるということが定着すれば、案件が集まります。そして案件が集まれば、それだけ人材なども集まってくるという好循環を生み出すことが可能です。

デジタル・エレクトロニカでも、フリーランスとの協働を推進しています。案件を探しているエンジニアやコンサルタント。また案件を発注したい企業からのお問合せを随時受け付けています。お気軽にお問合せください。

番外編:年収1000万を超えるフリーランスの特徴

少し余談ではありますが、年収1000万円をこえるフリーランスの特徴についても触れてみたいと思います。

①営業力が強い
エージェント経由でも1000万円の年収をこえる人はざらにいます。
ただし、中長期的に安定的な売上を確保していこうと思えば、やはり、営業力が強いフリーランスは強いです。

自分にあった営業スタイルを確立していきましょう。

②市場価値を理解している
また、価格交渉や営業に際しても、自身がどの程度の料金を受け取るべきかというラインがしっかりしているとよいです。

仕事の内容と価値を判断できることは、謙虚な気持ちでスキルアップしたり、逆に、不当な要求などには、ある程度強い態度で臨むことが可能になります。

あまりおすすめはしませんが、同じようなサービスを提供している競合会社などの問合せフォームから資料請求してみることもその一案です。
どの程度の単価感で、競合がサービスを提供しているかが分かるからです。
もしも、価格決めに困っているなら検討してみましょう。

③優秀な仲間や友達に恵まれている
また、個人で稼げる額には、自ずと限界があります。
そうした時に助けてくれたり、協業してくれるのが、仲間になります。
フリーランスでも前職の仲間や、フリーランスでのイベントなどに積極的に参加し、気の合う仲間を見つけることは、重要です。

お客さんに信頼されて、さまざまな案件を紹介されるようになれば、あなたが、仲間やお友達に案件を紹介できるようにもあります。

④良質なコミュニティーに所属している
そして、仲間や友達だけでなく、フリーランス同士であつまった無数のコミュニティーが乱立しています。

良質なコミュニティーには、良質な案件が集まってきています。
まずは、入ってみて、微妙であれば、すぐに抜けてしまうなどの柔軟性も大切にしていきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事