フリーエンジニアが画像解析系の仕事を獲得する方法

今回は、フリーエンジニアで「画像解析系のスキルを高めたい」もしくは「画像解析系のサービスを作りたい」といった希望を持つ人向けの情報となります。

求められる画像解析エンジニア

画像解析系のエンジニアが求められている背景は下記です。

  • AIやディープラーニングでもっとも成果が出やすいと言われる領域が画像解析
  • 動画も画像のつらなりとみれば同じ領域ともいえる
  • 5Gなどの社会動静も合わせて今後も伸びてくる領域

まず、人工知能やAIというキーワードを聞かない日がないほど、よく見聞きするようになりました。
そして、その人工知能ブームの火付け役となったのが、ディープラーニング。
ディープラーニングは様々な領域で成果を出していますが、最も手軽に、そして成果が出ている領域として、画像解析が挙げられます。

そのため、民間企業においても、ディープラーニングを活用した、画像解析プロジェクトが盛んに立ち上がっています。

そして、もう一つ画像解析エンジニアが求められる背景に動画があります。
昨今のコロナウイルスの影響などもあり、youtubeやネットフリックスが伸びていることは周知の事実でしょう。

こうした動画も、画像が無数に折り重なって作成されているとみることもできます。
まさにパラパラ漫画のようなイメージです。

5Gなどでより動画コンテンツが主流化していくなかで、動画解析も画像解析の一種とみることもでき、今後も注目のマーケットの一つと言えるでしょう。

画像解析のスキルを上げるためには?

では、画像解析のスキルを上げるためにはどうしたらいいでしょうか?

画像解析といった時に、いくつかの要素に因数分解することが可能です。

・まず初めに、ディープライニングや人工知能などのプログラミング能力
・そうしたプロジェクトでよく使うPython活用能力
・大規模データを扱うためのサーバー、バックエンド能力 など

もしもあなたに今隙間時間があるのであれば、Udemyなどで学習することをおすすめします。
Pythonや人工知能、バックエンドに関する優良なコンテンツが多数提供されています。

また、集中して本気で学ぶならば、専用のコースに申し込むことをおすすめします。
色々な学習カリキュラムは提供されていますが、最も重要なポイントの一つが、自身が学びたいピンポイントの授業を提供しているかです。

Pythonにフォーカスしたカリキュラムを紹介しておきます。
もしも関心があれば、話だけでも聞いてみてはどうでしょうか?

AI!Python特化型プログラミングスクール【.pro】

画像解析のプロになるにはそれでお金をもらうこと

どんなに学習してスキルやノウハウがあったとしても、プロかアマチュアかの境目はやはり、実際にそれで、お金を稼ぐことが出来ているかでしょう。

そういう意味では、画像解析の案件に参画してしまうのが、一番です。
画像解析の案件はAIなどの案件を多く受けているエージェントから紹介してもらうことが一番の近道といえるでしょう。

そうした領域に強いエージェントのリンクを張っておきます。

先端テック×高単価なら! エミリーエンジニア

比較的案件単価は高く、また、最先端のAIやWeb系案件はもちろん、安定稼働の業務系システム案件まで網羅しています。

業務系が強いエージェントも多いです。そうした中、新しいテクノロジーを新しい働き方で習得しようという人には特におすすめです。

カウンセラー
業務系だけでなく、先端テック、WEB系案件も網羅。
比較的高単価の案件も保持しているところが特徴的です!

また、画像解析に関わらずに、人工知能や最先端テックの案件を探している人は下記などもチェックしてみてください。

Pythonを活用した人工知能・機械学習案件をフリーランスが獲得する方法
・フリーエンジニアがAI等の先端テック技術を学習できる案件を得る方法

今回は、画像解析に関わりたい、フリーエンジニア向けの情報を紹介しました。
デジタル・エレクトロニカでは、フリーエンジニア向けの情報を定期的に発信しています。
是非、定期的にアクセスしてみてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事