フリーエンジニアがサーバーサイドやバックエンド案件を取得する方法

今回の記事は、フリーエンジニアで、「サーバーサイドやバックエンドのスキルを磨きたい人」や「フロントエンジニアのため、バックエンドも学びフルスタックエンジニアを目指したい」などの思いを持つ人に参考にしてもらえればと思います。

関連する記事として、逆にフロントエンドの案件やスキルを学んでいきたいと考えている人は、下記の記事も参考にしてみてください。

フリーエンジニアがフロントエンドの技術を磨き案件を獲得するには?

サーバーサイドやバックエンドエンジニアの未来は?

よく、人工知能や各種クラウドサービスの登場により、サーバーサイドやバックエンドの仕事は、いずれ自動化されていくという議論があります。

ただ、現実のビジネスの現場を見ていると、未だにCOBOLなどの古い言語で作られたレガシーシステムが、多くの企業にはびこっています。

つまり、企業の多くは変われないのです。
また、例えばエンジニアや学生で、アプリケーションやサービスを作れます!
という人はよくいますが、自分サーバー用機材を用意してインフラを整えた経験がある人というと、一気に割合は減ってきます。

つまり、サーバーサイドやバックエンドエンジニアは企業からするとすぐにでも獲得したい人材なのです。

また、フリーランスの視点からすると、これは好みもあるので、必ずしもメリットだけとも言えませんが、案件が長期化する傾向にあります。フロントエンドなどではUIの改善や設計、新規アプリケーションの作成で終わ手しまうことがあります。ただ、バックエンドは、その後の運用や管理まで引き継ぐ可能性もあるからです。

そして、昨今のビッグデータ解析やAIなどの領域もバックエンドエンジニアの腕の見せ所です。
こうしたスキルを持っていれば、すぐにでも案件を獲得することが可能です。

※下記の記事なども参考にしてみてください。

・Pythonを活用した人工知能・機械学習案件をフリーランスが獲得する方法
・フリーエンジニアがAI等の先端テック技術を学習できる案件を得る方法

ポイントを改めてまとめると下記です

  • 良いか悪いかではないが、大きな企業は変わらない
  • サーバーサイド、バックエンドの専門家の絶対数が少ない
  • 案件が長続きするというメリットも
  • 高度な分析やAIなどの領域は引手あまた

サーバーサイドやバックエンドエンジニアのスキルを向上させるためには?

基礎的な部分などは、Udemyなどで学習することは可能です。

ただし、サーバーサイドエンジニアといっても、すべての領域を深くまで専門性を高めるにはそれなりの鍛錬が必要となります。
そうした際に、エンジニアコミュニティーやナレッジ共有サービスには参加しておくようにしましょう。

エンジニア同士でコミュニケーションをとることで、スキルアップにもつながりますし、疑問点を早く解決することにも役立ちます。

王道でいうと、Qlitaなどですが、類似のサービスには登録してみてはどうでしょうか?当然無料です。

また、フロントサイドなどでは、自習でもある程度はいけると思いますが、バックエンドや専門的なノウハウの部分は、対面で学習してしまうのも効率的です。

コロナなどもあるので、そうしたことを気にされる場合は、Udemyなどを活用するのも手です。

【OCTOPASS(オクトパス)】

バックエンドエンジニアの案件獲得方法

とはいっても、やはり一番身につくのは業務でやることです。

一日は24時間ですが、やはり起きている時間の多くは労働に活用していることが多いでしょう。
その時間でスキルアップしてしまうことが一番効率的ではることは間違いありません。

では、どのように案件を取得すべきでしょうか?
もしもあなたが、既に高度なバックエンドエンジニアのスキルを確保しているのであれば、ベンチャーやスタートアップ企業の門戸を叩くことをおすすめします。

ベンチャーやスタートアップは高いテクノロジーを活用して、新しいサービスやアプリケーションを開発していることも多く、大変おすすめです。

ポイントとしては、断られたからといって落ち込まないことです。
他のベンチャー企業にもアタックしてみましょう。

また、まだそこまでバックエンドエンジニアとしてのスキルはないという場合は、バックエンドエンジニアの案件を取得しながらスキルアップを目指していきます。

バックエンドエンジニアの案件を効率的に集めるためには、エージェントへの登録をおすすめします。
彼らは、案件をたくさんもっているので、そうしたところに集まった案件から、自身でやってみたい案件に申し込むことで、効率的に仕事を取ることができます。

いくつかおすすめのエージェントを紹介します。

リーランスの価値を高めるIT案件 PRO WORKS-プロワークス

業界歴平均10年のスタッフが揃っており、IT業界に精通
また、優良案件が常時5,000件以上(非公開案件含む)
バックエンド案件を狙いたいフリーランスの方などは是非登録してみましょう。

カウンセラー
クライアントは業界による限定はなく、幅広く案件を網羅しています。
また、サポート品質も高いのが特徴です。

低マージン、案件数に強みを持つ! techcareer freelance

フリーランスがエージェントを通して案件を取得するデメリットの一つは、紹介マージンでしょう。
一般的には、25%と言われるマージンですが。techcareer freelanceでは、10%しかとりません。

マージンが少ないということは、クライアントへの提案の幅が広がり、結果、多くの案件を保持することが可能となります。

ITエンジニアやクリエイターの方は登録してみてもいいでしょう。

カウンセラー
マージンは業界の中でも最適水準だと思います!
実際に支援に入った際も、最終クライアントがいくら支払っているかどうかを把握できることは、その後の支援中においても、認識齟齬が生まれにくいなどのメリットもありますよね!

はじめてのフリーランスにもおすすめ! ポテパン

フリーランスやIT技術にも詳しいコンサルタントがサポートしているため、初めてのフリーランスの方でも安心して案件獲得が可能です !

まずは、無料カウンセリングをおすすめしています。

カウンセラー
フリーランスやIT技術にも詳しいコンサルタントがサポート!
初めてのフリ ーランスにもおすすめ
プログラミングスクール「ポテパンキャンプ」なども開催

先端テック×高単価なら! エミリーエンジニア

比較的案件単価は高く、また、最先端のAIやWeb系案件はもちろん、安定稼働の業務系システム案件まで網羅しています。

業務系が強いエージェントも多いです。そうした中、新しいテクノロジーを新しい働き方で習得しようという人には特におすすめです。

カウンセラー
業務系だけでなく、先端テック、WEB系案件も網羅。
比較的高単価の案件も保持しているところが特徴的です!

今回はサーバーサイドやバックエンドのスキルアップや案件獲得を目指す、フリーエンジニア向けの情報となります。デジタル・エレクトロニカでは、フリーエンジニア向けの情報を定期的に公開していますので、是非、定期的にチェックしにきてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事